fc2ブログ

follow azumatbb at http://twitter.com
ザ・インタープリター the interpreter (2005 シドニー・ポラック) / 20051002 14:22:24
ザ・インタープリター

今日も、体調不良のため、奥多摩に行けなかったので、映画を借りてくる。ジャージやら、ボトルやら用意もしておいたんだけどな。この映画は、落ち着いた演出なので、見るのに疲れない。個性派と称している監督たちには、ぜひ見習って欲しいものだ。邦題の付け方にはもう少し頭を使って欲しい。洗面台の前で泣いているるるを無視して映画を見てたら、走ってきて、キーボードをばしばし連打され、映画が、どこかのチャプターにスキップしてしまった。今は、息を切らせながら巨峰を食べている。笑えます。★★★☆
スポンサーサイト



 


コメント
≪この記事へのコメント≫
 
blog紹介ありがとう
これは僕もこないだ見ましたよ。国連という想像つきそうで、つかない場所での展開や、ニコールキッドマンもショーンペンも好演でよかったですね。
ちなみにショーンペンは
「リチャード・ニクソン暗殺を企てた男」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=322120
がこれ以上ないハマリ役だったと思います。

また時間があるときは寄ってくださいね。
2005/12/01(木) 00:31:25 | URL | jackknife #-[ 編集]
 
先ほどはお邪魔しました。
『リチャード・ニクソン…』はまだみてません。面白そうですね。僕は、『ギター弾きの恋』のショーン・ペンが好きです。ギタリストっぽく見えます。うまい役者は時として、本業のひとより、らしく見えたり、流石だなぁ…と思います。最近だと、『ミリオンダラー…』のヒラリー・スワンクが、その直後にテレビで見たボクサーより、ボクサーっぽく見えました。この映画も、セオリー通りと言った感じですが、イーストウッドがベテランらしい演出をしていて、好感が持てました。
2005/12/01(木) 01:06:29 | URL | adu #-[ 編集]
 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫