follow azumatbb at http://twitter.com
スポンサーサイト / ------ --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Commen(-)
喰霊 -零- / 20081220 21:14:48
諫山黄泉

喰霊 -零-が面白い。
ひと言で表現すると、ダークサイドに墜ちていく百合もの+悲劇かと。
第1話のラスト1分など、作り手のやってやる感が伝わってくる。

エピソード3など、ダークサイドに墜ちる話を分解すると、


ダークサイドに墜ちる要因(例)

1. 近しい仲間への嫉妬
2. 愛するものを失う喪失感
3. 自らの運命への悲観
4. 自分を支えるものの死・離別
5. 自分の弱い心による失敗
6. そして、ダークサイドへの誘惑

だいたい、エピソード3も、喰霊も重なる。

そして、それをより一層劇的にみせるために、

1. 近しい仲間への嫉妬 ← 仲間が力をつけてきた描写 ← 仲間との固い友情
2. 愛するものを失う喪失感 ← 愛するものとの楽しい時間
3. 自らの運命への悲観 ← 厳しいさだめを抱える描写
4. 自分を支えるものの死 ← なにがあっても揺るがない支えてくれるものの愛情
5. 自分の弱い心による失敗 ← それを誘発させるための伏線
6. そして、ダークサイドへの誘惑 ← 度々現れては未来を予見する悪の接触

が、ダークサイドに墜ちる前に丁寧に描かれています。
シナリオは数学とよく言うが、確かに。

シェイクスピアの戯曲にドラマの全ては当てはまるなどと言いますが、
作り手のアイディアと熱意で、面白くて新しいものは生み出されると思う。
上のようなダークサイドルールという骨格の上に、いかに作品を構築するかと。

毎週が待ち遠しい番組があるって、いいですね。
いいおっさんですが。

一緒に仕事をしてる制作デスクさんに、作監が全カット修正してて、
画のクオリティーがやばいと業界で話題になってるよと教えてもらった。
愛ですかね。

そういうわけで、「喰霊-零-」超自然災害ラジオ対策室を聴きながら仕事をしています。
スポンサーサイト
 


コメント
≪この記事へのコメント≫
 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。