follow azumatbb at http://twitter.com
スポンサーサイト / ------ --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Commen(-)
武士の一分 (2006 山田洋次) / 20061225 01:42:14
武士の一分

http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=324298

かよ役の檀れいは、宝塚の人だったんですね。いいキャスティングだと思った。木村拓哉もがんばってました。また、山田洋次の脚本、演出もよかった。しぶい演出だった。うまい演出家は、情報供給の量やタイミングが絶妙で熟練職人のようです。山田洋次は実績からしても熟練という表現でおかしくない監督ですね。もっと評価されていい監督ではないだろうか。それも時代のせいですかね。物語は一途で強烈な想いが故に引き起こされる話で、強烈な愛情が描かれています。こんな人生ってどんななんだろう…と考えてしまいます。

ネタバレは嫌いなので、内容については特に書きませんが、公式サイトには、ほぼオチ直前まで内容が出ていて、いかがなものかと思いました。

★★★★
スポンサーサイト
 


コメント
≪この記事へのコメント≫
 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。