fc2ブログ

follow azumatbb at http://twitter.com
言葉と変化 / 20061211 13:52:40
いっちゃんの落書き

『憲法九条を世界遺産に』(太田光・中沢新一/集英社新書)という本を買いました。冒頭に「ことばは世界を表現するためにあるのではなく、世界を変えるためにあるのだから」とあり、全てに当てはまるとは思わないけれども、いい言葉だと思いました。チーズとねずみの本がありましたが、確かに、今、僕が感じる世界は絶えず変化しているように思います。

吉野家で豚丼(並)を食べようと、箸や生姜が席から若干遠く、難儀していたら隣の40代の背広の男性が「はい」と箸をとってくれた。人の社会は、人への敬意と畏れが前提なんだなぁと、先日、K.Araiさんと話をしてから、ふと頭に浮かびます。
スポンサーサイト



 


コメント
≪この記事へのコメント≫
 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
≪この記事へのトラックバック≫