fc2ブログ

follow azumatbb at http://twitter.com
楽しい / 20060217 01:33:58
最近、普通にこの時間仕事してるようになりました。
実写の仕事をやっていたころを思い出します。
ただ、あのころは20代前半、翌日もまだまだ元気。
でも今は…

ところが、そんなに、今、つらくない。むしろ楽しい。
たぶん、気を張って仕事ができてるんですね。
4月の本番まで、全力で疾走したいです。

ただ、子供達とのコミュニケーションが、
朝の保育園の送りだけになったり、家はすっかり、
母子家庭の様相を呈しているので、
これが終わって、天下をとった曉には、
がつんと家族サービスをしたいと思います。

僕はどうも、自転車やったり、家族に負担をかけがちですね。
特にみほんに。

今、一緒に働いている監督は、妻子をかなり遠くに残し、
単身赴任で、背水の陣で戦っています。

面白いモノを作りたい。僕はプロデューサーですが、
この基本理念は、クリエイターと変わりません。
人生で、戦ってもいいときだと思うので、まぁそんな感じに奮闘しています。

ということで、しばらくこのブログ、お休みします。
が、とても近いうちに、別の場所で、情報発信していきたいと思っています。

ではでは

ADU
スポンサーサイト



雑記 | Trackback(-) | Comment:5
 


コメント
≪この記事へのコメント≫
 
お互いがんばろう。
お疲れ様。
と言っている自分も会社に一晩停泊中。

なんだか仕事が楽しそうで何よりです。
企画うまくいくとイイね。
公表出来るようになったらぜひ!

仕事が乗ってきている時の
家族サービスとの両立は大変なものがあるけど
会社で溜まったストレスを子供とふれあう事で、抑制されているといつも感じているで、
家族とのコミュニケーションも取りつつ、
お互い頑張りましょう。

今自分がディレクションを担当している案件、
5月末まで加速中で睡眠障害を起してますが、
クライアント側のディレクターが、
「同い年で、同い年の娘が居る」という
なんとも共感し合えて嬉しいのが救いです。


2006/02/17(金) 04:52:47 | URL | suda #-[ 編集]
 
お疲れさまです。
保育園の送りがあるので、ひとまず始発で帰ってきました。

会社にずっといられたら、この家に帰る時間、寝てられるので、楽なのですが、そうも言ってられません。

僕も、一緒に働いているディレクターに、るると同い年の子がいるので、共感しながら、仕事をしています。脚本とか、映画の話がとても通じるので、楽しいなぁという感じです。

sudaさんも、体壊さないように、頑張ってください。
2006/02/17(金) 05:28:29 | URL | adu #-[ 編集]
 
どんなに忙しい時でも家族の事を思って仕事をする・・・
すてきですね☆
私も、小さい頃から父が泊まりが多く、土日も仕事だったので一緒にいた時間はあまりなく育ちましたが、愛情は常に感じていました。娘特有の父に対しての反抗期(拒絶期?)はありましたけどね;

作る人が楽しみながら出来る番組、とても楽しみです(^^)
2006/02/17(金) 09:18:48 | URL | ばきん #-[ 編集]
 
いやぁ、家族を大切にしたいのですが、実際、てんぱってると、妻にあたったり、最悪です。

でも家族と仕事、両立させたいと思ってるんですけどね…。

子供達にそっぽ向かれたら悲しいだろうな。目標、娘二十歳まで一緒にお風呂入るなので。
2006/02/17(金) 09:35:33 | URL | adu #-[ 編集]
 
うちは娘すぐにいっしょに風呂入ってくれなくなりそ。
2006/02/21(火) 18:14:33 | URL | パパクーラ #-[ 編集]
 
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する