FC2ブログ

follow azumatbb at http://twitter.com
スポンサーサイト / ------ --:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Trackback(-) | Commen(-)
夕凪の街 桜の国 / 20080606 03:06:39
夕凪の町 桜の国午前中は子供の授業参観、午後は、頭痛が再発したので病院に行ってきました。

初の授業参観。悪ガキが多く(悪かったのは男の子4人くらい。小学1年生にして、担任をうるせーばばーと言う衝撃)、先生はほぼ叫びっぱなし。噂に聞く学級崩壊の二歩手前くらいなかんじ。でも、このくらいの公立学校がほぼ多数の予感。なんか、左の子を席に座らせている間に、右の子供が歩き出すというループ。先生(たぶん50代・女性)は本当にお疲れ様です。私の子供の頃はもう少しまともだったような気がする。よく言う、今は甘やかされているからなのだろうか。親が戦争を知らない世代だからだからか。まじめに授業を受けようとしている子には、かなりの迷惑。今は体罰がYahoo!トップニュースになるけど、僕が先生だったら、二度と歩きまわりたくなくなる恐怖をあたえてしまうはず。ぜったいそうだ。自分が先生と思うと、ちょっと悪夢のようでした。大丈夫か日本。たぶん(このままだと)駄目だと思う。よほど、先生に代わってはり倒そうかと思ったけど、はり倒した子の父兄が来ているとやっかいそうなので止めた。おそらく、そういう子の父兄のほうが、こういうときに、より、やっかいになる。絶対そうだ。

午後は病院に。
昨晩から群発頭痛がはじまる。以前もらって、とっておいた薬が引っ越しの荷物のどこに行ったかわからず、とりあえず昨晩は耐える。ううう。なかなかつらい頭痛なのだが、薬をのめば瞬間的に治る。が、病名が20年くらい特定できず、それまでは偏頭痛と診断されていたので、効かない薬を飲み続けた。つらかった。

おかしいと思って、二年くらい前にネットで調べたら頭痛専門の病院があることを知って、やっと自分の頭痛がわかった。ネット世界の素晴らしき一面。頭痛専門病院で、過去の話をしたら、それはつらかったねと言われた。そのとき、先生の後ろには神々しい光が差していた。午前中だった。その後、薬局で処方された薬をその場で飲んで20年の頭痛から解放されたのでした。それは全く僕の人生の素晴らしい体験のひとつでした。

メモ
昔もらった薬…ワソラン、プレドミン、イミグラン
今回新しくもらった薬…マクサルト、ロキソニン

以前、実家に帰省していたときに頭痛が始まり、
ブログに薬をたまたま書いていたのが役に立ったので。
たぶん、群発頭痛を知らない人の検索に引っかかっても役に立つはず。

夜は、久々に映画をみた。
以前からみたかった「夕凪の街 桜の国」。
この監督の佐々部さんはたしかFROGMANが師匠と言っていて、気になってました。映画は、原爆がテーマ。父や親戚に被爆者が多いので、このテーマの作品は、ついついみたくなってしまう。当事者は多くを語りたがらないと原爆関連の資料でよく読むのだが、じいちゃんもばあちゃんも核心を話していないような気がする。なので、よけい気になる図式。

映画は素晴らしかった。
なんで、もっと話題にならないのだろう。
ツタヤディスカスでも、即借りれるマークだったし。
それほど話題にならない理由は、子供ではないのでわかるが。
(それとも私が知らないだけで、かなり話題になっていたのだろうか)
いい映画が、ちゃんと作られているので安心した。
私が言うのは、すごく大きなお世話だけど。

と同時に、私が今作っている作品が、それだけ魂のこもった作品か自問することとなった。こんな作品は純粋な気持ちを保ち続けないと作れない(はずだ)。少なくとも純粋な気持ちで作り続けたものは、どこか、伝わるような気がする。そのための努力や技術は圧倒的に必要ではあるけど。

自省すると、このところ、仕事で映像を作る手前もあるが、ビジネス面のことを考える割合が非常に多くなっていた。難しい問題ではあるが、世の中に自分の思いを伝える手段として、ビジネスをうまく利用する手はあるが、偏ってしまって、映像作りの核心であるイノセンスを見失っては本末転倒である。かと言って、お金が嫌いな人はいないわけで、作り続けるためにも、多くの人に見てもらうためにも、映像制作のビジネスの側面と両輪をまわさなくてはならない。

しかし、私の作品が、それだけ多くの人に見てもらうだけの価値があるのか…とか考えると無限ループにはまるので、純粋に馬鹿に、思った方向に突き進むのも悪くないかと。そうしたいし。でも、本当に突き進んでいるのかと…と、また無限ループに突入しそうだったり。と、まぁ、映画をみて、いろいろと自戒したのでした。しっかりやります。今までも努力してないわけではありません。

なっちゃん(田中麗奈のこと、そのあたりからテレビが止まっている)は、そんなに好きじゃなかったのだけど、この映画をみて、すごく好きになりました(なっちゃんのCMを見た当時は、本当のところ、なんて生意気そうなと思ってました)。同様に麻生久美子も、好きになりました。私は単純だから面白いと思った映画に出てくる人が、すぐ好きになってしまう。

原爆で被曝した人は、差別を受けたと聞いていたけど、なんとなく実感できました。まぁ、いつ原爆病を発病するか知れない人とは、親としては結婚させたくないわけで、確かにそれはそうだ。

父の場合は、どうだったのだろうか。
母の母は、そうとうリベラルな人だったらしいので、ほぼ気にならなかったのか。母の母も原爆被爆者だからか。母もあまり深く考えるような傾向はないような気がするし。もしかして、僕の原因不明の頭痛は、放射線によるDNAの損傷とか、どこかつながっているのか、とか、いろいろ考えさせられました。

効く薬が手に入る安心感!
明日からまたがんばろう。

20分休み、
乗れるようになった子を横目に、ひっしに一輪車で前に進むおねえちゃん。
たくましかった。うれしかった。

小学校で懐かしい言葉…「20分休み」「家庭数」



 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。